プレイ日記(5代目ミース)


前書き

 カイエンのときと同様、誰に継承するか迷いました。長男マキシならミダナァムになる可能性があり、ミースは唯一の女の子、サリオンは顔がいいという理由からでした。
 あれこれ悩んだ末、ミースにすることに決定。その結果、ミースは波瀾万丈な人生を歩むことになったのです。


535年の出来事

 ミースに世代交代しました。いろいろ考えがありまして、ジマショルグ、バハウルグを選択。性格が「おちょうしもの」から「超ワイルド」に。おー、そうですか。これなら冷たくなるなんて心配せずに安心して連勝できますね。(これ以上冷たくなりようがない)

 1日、なぜかデイウッドに話しかけまくり、プレゼント攻撃をかけるミース。デイウッドは花を受け取ってくれません。なんででしょうね。仕方ないので訓練アイテムをプレゼント。
 2日、フーミェンとデイウッドがデートし終わったところに押し掛けていって、デイウッドに突然デートを申し込むミース。某きのこを持っていたのは秘密です。某きのこのおかげかどうか知りませんが、OKするデイウッド。本当にいいのか〜?
 3日、けっこう緊張しながら大通り南で待つミース。フーミェンが歩いている、見つかりませんように。タラの港で、告白するミース。いきなりデイウッドと恋人同士に(爆)。
 それから毎日デートしました。いや、1日だけ間をおいたかな。9日に、婚約。10日に結婚式となりました。

 悪人だって?そうです、ミースは麻婆の代々PCの中で一番悪人です。しかし、このままじゃフーミェンもデイウッドも独身で終わるのは目に見えていますし、デイウッドはデプレとアトロポスの孫で、かつロクリスのロゼの血も引いているし。やっぱり一度はナァム経験したかったし。
 いくら母がミダナァム家出身でも直系ではないので、結婚に制限はありませんでした。
 さて、10日の結婚式当日、デイウッドの顔を見て、一瞬びびりました。そうです、その日デイウッドは19才になったのでした(笑)。その口ひげない方がいいんですけど・・・(60P)
 まあ、無事結婚し、子づくり。ところが、デイウッドが10日誕生日のせいで初日はぺけ(謎)。それ以降、11、12と子づくりするもダメ。だんなが年だからダメなのかしらなんて思い始めた13日の朝、2回目の子づくりでようやく成功。やったね。
 そうそう、ジマナァム家のアイテム庫は豊富ですよ。やっぱり伝統のある家は違います。ありがたく納品物を使わせてもらうミース。ついでに、ギブルももらっちゃうミース。
 しかしねー、デイウッドの筆頭友人にはフーミェンが残ったままなんです(涙)。略奪愛のつけですね。

 と、超電撃結婚の話を書いてきましたが、実は、この年は全部で10人くらい人が亡くなりました。リムウルグのシャルロット・ボンバルディ、その他のシステム移住者の皆様方、ヒロピィもそうでした。そして、移住者アゼラート、最後の最後に第26代議長を務めていたコーラス・モンゴメリー。
 アゼラートの死により、ミダショルグは大混乱。棚ぼたに継ぐ棚ぼたが発生しました。
 まず、A1位がフーミェン、これはナァムですからショルグ長にはなれません。2位がコブラ・コーダンテ、彼がショルグ長になると私は思っていました。ところが、彼の奥さんで、デイウッドの双子の妹でもあるゲルシィがジマショルグ長になってしまったため、コブラはショルグ長になりませんでした。そのため、棚ぼたショルグ長になったのが父カイエンです。まじー?ショルグ長にならないように今まで調整していたのは無駄に終わったわけ???
 そんなわけで、30日の議長選にはカイエンが出馬したわけです。同時に、ロレッタとジャンルークも(この夫婦、ガアチとバハのウルグ長になったのです)
 結論です。カイエンが議長になりました。どーでもいいけど、最近私の元PCって勝手に議長になりません???
 その結果、セカリアのナァム継承権ははずれました。そして、ミダショルグのA4位はなんとアグネスだったのです。アグネスがショルグ長になったことで、彼女の継承権ははずれました。そして・・・いきなりアグネスとジンは婚約しちゃったのでした。(今までの約10年間ってなんだったの?)

 そうそう、ミースにジマナァム継承権2位がつきました。そして、ゲルシィがショルグ長になったことで1位に。まあ、どうせ翌年に子供が産まれるので、その子が1位になっちゃいますけどね。
 あ、いつの間にかガゼット夫婦が3人目の子どもをこしらえていました。スルストも絶倫君だったとは!
 それと、叔父ダニエルがジュリアと結婚しました。これでロレッタとジャンルークの子どもたちは全員かたづいたことになります。あとは・・・兄マキシが、ハイト・ライトというミースの同級生と交際していました。


536年の出来事

この年も葬式の多い年でした。システム移住者リュック・マーチンくんが入ってきたのを見逃すミース。
 10日、アグネスとジンの結婚式です。妙に感動的でした。
 13日、第一子出産です。女の子でした。ルンと命名。父親の才能をすべて引継ぎ、3つの才能持ちです。その日のうちに、デイウッドがデートに誘ってきました。デイウッドは「愛してる」より子づくりの好きなだんなです。(ミースはだんなって呼ぶんだもん)
 14日、デートからの帰りに子づくり。いきなりできました(爆)。
 15日、ウィル・レーン氏が危篤に。年齢は29才でした。ミースからすると、一応ひいおじいちゃんです。
 18日、なんとウピゾナ伯母さんが危篤に!まだ18才でした。ひっくり返りそうになるプレイヤー。ロレッタとジャンルークはまだ生きているのに。
 19日、泣き泣きウピゾナの葬儀に参列するミース。冗談じゃないです。平均寿命30なんて絶対にウソだー。

 呆然と過ごしているうちに、26日、天使ウィンドウが出て「ラブレス・フェンが危篤です」なんだって???
 ラブレスってだって、カイエンと同い年よ?形上は、デイウッドの叔母に当たります。
 27日 ラブレスの葬儀。なぜかデイウッドは来ません。やっぱり養子だとあれなのかなあ。代理参加の気分になるミース。
 28日、納会。カイエンは全員一致で不信任を食らいました。理由は不明です。仕事ポイントが足りなかったかなあ。そのせいで30日また選挙です。また〜???

 30日の選挙の結果、ロレッタが当選しました。これで3度目です。懲りないですねえ。どうせまた来年不信任ですよ。
 兄マキシの恋人がハイトからヴィーナスに変わっていました。デイウッドはAランク進出が決まりご機嫌。ミースは平均レベルが100にもかかわらず、ランク外からはい上がれず不機嫌。

そうそう付け足し

 フーミェンがやたらジマショルグ邸を訪れます。「何しているの?」「フォーチュン君に用事があるの」 フォーチュン君って、うちの兄マキシ?
と思ったら、デイウッドのことだったんですねえ。バカです、私。
家に帰ると、フーミェンがルンの顔をのぞき込んでいるときもありました。
なんか略奪愛すると、けっこうはらはらするもんですね。
慣れていない悪い女を演じると、けっこう神経がすり減ります。
しかし、25才と18才の男女が約10年交際していて、それを6才の小娘が略奪ってなんかきてますよねー。 侮れないぞ、ワーネバ!

さらに付け足し

カイエンがただの人になったため、セカリアの継承権が復活しました。
そして、カイエンがなぜか4位に。笑えます。


537年の出来事

 ミースはこの年もランク外から脱出できませんでした。
 この年も死者が続出しました。(ってまたかい)。 カイエンの初恋の人シャーリーが死去。23才だったので、年とは言えません。
 10日、ジンとアグネスの子供が誕生。がんばってますねー。
 13日、ルンの顔が判明。なんですか、この色合いは?顔は8Mがベースですが、茶色い肌に、茶色い髪。グラフィックの分類上は白人系ですが、ほとんど黒人に近いような?デイウッドの祖父の一人ゴイン・フェンは完璧な黒人なので予想はついていましたが、こんな風に出てくるとは想像しませんでした。どうせなら、エキゾチックな方が良かったなあ。
 14日、次女を出産。名前をイマラと命名。これまた3つ才能持ちです。プルトだと才能ってインフレ気味じゃないですか?
 15日、ウルグ祭じゃいつも同じことを言われます。「冷たい人です」「ラッキーアイテムはラフィアの涙」「異性運も結婚運もない」こればかり。つまらないです。
 18日、母が20才で危篤に。結局フーミェンの方が長生きしてしまったようです。いつステータスをのぞいても、疲労がたまっている人だったので、寿命が尽きているのか、訓練のせいなのか全然判別つきませんでした。
 19日、母の葬儀。父や兄弟は不幸のどん底ですが、自分は幸せ。なぜでしょう。おまえは短命家系だと宣告されたようです。まあ、仕方ない、これも運命。さっさと結婚して、さっさと代替わりするしかないのでしょう。
 28日、納会、当然?祖母ロレッタは不信任です。
 29日、ウルグ選。なぜか父カイエンがバハウルグ長に。いやな予感のするプレイヤー。
 30日、議長選、父がちゃっかり議長に復帰。それまで父と兄についていた、ミダナァム継承権がはずれました。父が議長に選ばれたことで、祖父ジャンルークが棚ぼたバハウルグ長に。

 この年はやたら高齢者の出産が目立ちました。スルストのところが四人目でしょ(爆)、キョウスケさんところも二人目、ヨーンも顔グラフィックが変わってから二人目。
 気がついたら、神殿の結婚の予約が埋まっていました。

あ、またやってしまった。付け足し。
サリオンが成人しました。これまたミダを選んだ模様。
兄マキシの恋人がいきなり変わっていました。
ハイト・ライトから、ヴィーナス・ギャラクシーへ。
同居していないから忘れちゃうんです。ごめんね。


538年の出来事

 今年もランク外から脱出できませんでした。はっきり言って拗ねてます。レベル110あってもランク外なんて間違っているわ。
 今年は移住者を複数入れてみました。シルビア・ガゼット、デニム・ナッシュ、レオン・ノヴェナです。

 今年は珍しく死者の少ない年でした。しかし、ついにフーミェンがお亡くなりになったのです。それは母の死から約1年後のことでした。
 結局ミダナァムを継いだのは母の弟アインでした。(アインって父方母方両方のですけど、表示が「おじ」です。普通のおじさんは「叔父」か「伯父」なんですけど)
 ナァム襲名披露に珍しく議長以下全員揃っていました。気がつくと、議長は父だし、ジマナァムは夫でしょ、ミダナァムがおじで、他人なのはコークナァムのローレンスくらいなんですよね。

 14日、イマラの顔が判明。25E金髪バージョンです。その顔はロゼ似!やはり遺伝はあるようですね。

 ルンもイマラもおちょうしものですが、親の試合の応援には来てくれるようです。いい子たちだなあ。ただ、訳もなく料理を持ち出すのはやめて欲しいけど。
 気がついたら、レオン・ノヴェナがマキシの元彼女ハイトと交際していました。そして気がついたら婚約していました。早いぞ、レオン。で、25日に結婚です。おいおい。それで、なぜかノヴェナ姓を選択したため、うちの国にはノヴェナ姓が突然増殖してしまいました。おまけにアグネスが第二子出産するもんだから・・・。
 一方、シルビア・ガゼットの交際相手ですが、マルオ・ライト。レークの孫に相当します。マルオの母アルテミスはデイウッドの叔母に当たります。
 ハンサムなデニムは彼女がいないようです。訓練好きという性格のせいでしょうか。
 28日、納会、父は今回は満場一致で信任されました。前回不信任を食らったわけが分かりません。

 「愛してる」よりも「子づくり」の好きなデイウッドですが、外で会うとたまにデートに誘ってくれます。意外にいいやつじゃん(爆)。超ワイルドよりはせっかちの方がまめなのかなあ。でも、出産に立ち会わないくせに、戻ってくるなり子づくりを誘ってくるのは勘弁して。
 そうそう、印象深い出来事を一つ書いておきます。フーミェン危篤の時お見舞いに行ったのですが、デイウッドはなかなかミダショルグ邸に入ろうとしませんでした。ドアの前で・・・と考え事をしているのです。それからおもむろに見舞いのため家に入っていったようですが。
 翌日、天使ウィンドウが出るなり、こちらが話しかけるまもなく!!と出ていってしまいました。やっぱり10年越しの恋に立ち入ることは出来ないのかなあとちょっと寂しくなるミース。


539年の出来事

 ようやくランク外から脱出。3勝1敗で終わりました。あ、去年の出来事ですが、父がコークショルグ長デメテル・ウィリアーズと交際開始。いやな予感がします。
 弟サリオンに彼女が出来ました。誰だろうと思ったら、シェリル・イーグル(27)、うわー、だって、シェリルの娘ジュリアと叔父ダニエルが結婚しているのに。このままじゃ、シェリルが妹になってしまう〜。
 ミダナァム継承権1位になったいとこエレノールがアフシン・ライトと交際開始。男やもめで子どもが二人いるのです。そのまま結婚したら、その子どもたちに継承権が移っちゃうじゃないの。なんかいや・・・。ミダナァムの継承権に関してはそれで泣いた人がいるので、全然関係ない人に移るのは気分的にいやです。なんのために、フーミェンやデイウッド、そしてアグネスやジンが大変な思いをしたのでしょうか。
 そうそうデイウッドがジマ杯に優勝しました。自分のことのように嬉しいミース。そしてイム争奪戦はレベルのさほど高くない父が優勝。
 エナの子コンテストでは、父がミスタープルトに。今頃ミスタープルトなんて笑っちゃいますよね。

 25日、兄マキシがヴィーナス・ギャラクシーと結婚。ギャラクシー姓を選択。また、前回の結婚式で、ぱーになったリズ・コーダンテとファイサル・ウィリアーズがまた破談に。ファイサル(ってデメテルの息子だけど)が遅刻魔のようです。
   28日納会では父は危なげなく信任。
 そして、年末、父はデメテルと婚約。はあ・・・もう勝手にして。兄が13才でショルグ長になりました。すごいね!


540年の出来事

 ルンが入学しました。案の定学校に行きません。ふ、自分も学校に行かなかったので、娘のことなんて言えないんだな。そうそう、ルンは「ショルグ長になる」、イマラは「議長になる」と言っています。
 相変わらずDランクです。楽々4勝。さすが、超ワイルド。

 10日、父とデメテルが結婚。父が評議会館邸を出ていきました。残されたのは弟サリオンとイム2匹。なんか変。だって、デメテルの子どもと同居するんですよ。
 同日、ようやくリズとファイサルが結婚しました。2回ダメになっても結婚するのですからよほど好きなのでしょうが、ファイサルの遅刻癖はね・・・。
 15日、ウルグ祭で怠け者と言われました。別にいいもーんだ。
 20日、祖母ロレッタが危篤に!31才でした。ミースはウミカイの卵だけ拾い集めたあとは、ずっと祖母のそばに付き添っていました。
 21日、ロレッタの葬儀。ガアチウルグ長だったので、大勢の人がやってきました。長生きできたから良かったね。
 29日、兄のところに男の子が誕生しました。あれ、名前なんて言ったっけ(爆)。←ラブリアーノです
 日にちは忘れましたが、伯母ベジャも死去しました。その妹カルディナに比べるとだいぶ長生きしました。ミダナァムの呪い(短命)は二人にいっぺんくらいのペースでくるようです。


541年の出来事

 イマラが入学しました。これまた学校に行きません。勝手に体を鍛えている模様。
 今度はCランクで4勝しました。
 やたら葬儀の多い年でした。33才くらいまで生きたカトル・バイドラー(マグダルの息子)なら天寿を全うしたと思いますが、17、8才で死んじゃう人たちは浮かばれません。

 10日、サリオンとシェリルが結婚。イーグル姓を選択。評議会館邸はイム一匹が残されるだけとなりました。どうも、議長付きのイムはあの家についているようです。イム争奪戦のイムは野良イム化。
 15日、ウルグ祭、今度は積極的な人ですね、とほめられました。よく分かりません。バハでは平凡な人生とか言われるし。いいのさ、ナァムの妻なんだから。
 いつの間にか、いとこのエレノールがアフシンを捨て、ヨーンの息子ビクトルに鞍替えしたようです。まあ、そっちの方がいいです(ひでー)。というのも、アフシンの寿命がごにょごにょで・・・と言っているうちに、アフシンが危篤に。

 26日、スルスト・ガゼットが危篤に。オルルドでの寿命よりもたぶん1年長生きしています。
 28日、人口が111人と発表されました。去年は115人だったのにな・・・。父は相変わらず議長してます。

 最近のプレイ日記は手抜きだなあ(苦笑)。どうもメモ取りながらプレイってできないたちのようです。そうそう、ミースが13才になって、びっくりしました。黒髪を短くしたら、なんとなくフーミェンに似てなくもない(爆)。まあ、血縁関係はあるわけですが・・・。夫が勧めるままに髪を切ったら、夫の昔の恋人に似てしまった・・・そんな感じでなんか怖いです。
 ミースのレベルが順調に上がるので気持ちがいいです。後1年でプレイ権を手放すかと思うと残念。


542年の出来事

 年の初めに移住者を投入。ヨハン・クライスとオネスティ・キャントール。
 大量葬儀の年でした。怖いよー。毎日毎日葬式が・・・。その中で特筆すべきは祖父ジャンルークの死でしょう。7日に危篤となり、8日に死去しました。ウルグ長でもなかったのに、大勢の人が葬儀に参加したのは印象的でした。彼はみなから愛されていたのでしょう。きっとワクトの元でロレッタと幸せに暮らしていると信じています。
 ミースは毎日葬式に行っていたので、カップルチェックどころではありませんでした。
 そうそう、叔母ランチェスカの娘ヨンハの成人した顔を見てびっくり。セリス顔の金髪バージョンだったからです。あの顔がああいう風に成長するなんて分かるかー。
 叔父ダニエルのところに3人目が誕生しました。がんばってますねー。

 今年のミダナァム家の呪いはいとこのミッチェル・モンゴメリー(18)に降りかかったようです。彼は20で亡くなったカルディナの一人息子。
 ミダナァムと言えば、継承権一位を持ついとこのエレノールが、ヨーンの息子ビクトルとついに婚約しました。ほっとしています。エレノールはセカリア顔なので、その子どもたちの顔には期待できますね。ってうちには関係のない話だけど。

 なんか葬儀が続くと頭が空っぽになってしまいます。たぶん合計10人くらい死去したはず。
 Bランクの試合は3勝1敗で終わりましたが、Aには上がれそうもないです。一方、デイウッドがAランクの試合を1勝3敗したので、これで来年は二人でBリーガー。
 ジマ杯ですが、残念ながらデイウッドは優勝できませんでした。マグダルの孫ティナザっていう女性がバカ強くて。仕方ないですよね。デイウッドはレベルが下がる一方だし。26才まで生きているだけで感謝しなくちゃ。


ホームワーネバ2目次